勃起不全の原因


勃起不全は、剛性の低下、持続が低下する場合が性交中に表示される場合です。

勃起不全の原因は大きく二つある。

最初は心因性勃起不全に20〜30代の若年層では、主表示されます。

第二は、身体的異常から来る器質的勃起不全に40代以上の中高年層では、主表示されます。

勃起不全は治療せずにそのまま過ごさ場合、「また勃起出来なければどうしよう」というストレス - 勃起不全の症状悪化の悪循環を繰り返すことができます。



心因性勃起不全
文字通り心理的影響から来る勃起不全に検査してみると異常が全くなく、むしろ平均以上の性機能を持っている場合も多いです。新しいパートナーとの関係では、最初に、勃起不全現象を感じるのは一般的なことであり、不安は、特に過去にそのような経験が何回かあってもいた場合、簡単に悪循環につながります。

器質的勃起不全
血液が流入されることを妨げる動脈性と血液が抜けないようにブロックしていない静脈性勃起不全があります。過去には、40代前の患者からはほとんど検出されなかったが、食生活の変化などにより、20〜30代の成人病の患者が急増するのと同様に、若年層でも増加する傾向にあります。勃起不全をそのまま治療せずに過ごさ場合、ストレス - 症状悪化の悪循環を続けることができます。

勃起不全がある場合泌尿器科専門医を探しまして、経口薬剤を処方受け取って頂きたいが、結局、勃起不全はストレス、神経過敏、過度の飲酒、喫煙、運動量の不足などの生活習慣によって発生するので、必ず生活習慣の矯正が並行必要があります。



この時、陰茎静脈は拡張された海綿体に押してしまうので海綿体に入ってきた血が抜け出せずに閉じ込めます。よく精力と言って、硬く膨張したもの実体がまさに血なのです。血液の循環を促進する生活の中の習慣を矯正することが最高の精力補強剤であることです。

まず、血液の循環を促進する生活の中の習慣を矯正してみていただけるようしなさい。

1) 運動は、その中でも、ランニングのような有酸素運動こそ最高の精力剤である。
2) 括約筋 - 射精筋を強化することで、緊張や極端な状態を改善するのに役立ちます。
3) 強い「男性」になりたい場合すぐに酒、タバコから減らさない。
4) 性欲と性機能に決定的な影響を与えるストレスを管理する必要がある。
5) 規則的な性生活をしなければならない。
6) 安眠をとる。
7) 健康な食事を立てなければならない。 - 豆腐、タマネギ、ニンニクは勃起力増強に有用である。
8) 服用する薬を点検しなければならない。当然、不要な薬の服用も避けなければならない。
9) 糖尿病、高血圧などの勃起の低下の原因疾患を周期的健康診断で予防、管理する。
10) 前立腺疾患は精力減退の主要因であるため、毎年前立腺検診を受ける。








バイアグラ、カマグラ、レビトラなどのED治療薬品が詳しく知りたい方、「ED治療Q&A|勃起不全治療剤が効果ない場合は?...正しい対処方法Q&A」をご覧ください。